TOP

先日行った風俗はこれまで行った中でも最強(最高)の体験ができました!気になる方は私の体験談をご覧ください。

プロ根性

ソープランドHは入店してすぐは薄暗い印象ですが、慣れてくると渋い大人の雰囲気です。予約もせずの飛び込みの入店ですので、5人のソープ嬢のパネルを見せられます。ショートヘアーで見せられた中では美人系のはづきちゃんにさせて貰いました。お呼びがかかり、エレベーター前ではづきちゃんとご対面。パネル通りで、茶髪のショートですがお上品な感じの綺麗な子。僕の手を取り階段を先行して歩く彼女は、見せるための裾の短いドレス。そこから覗くおみ足は、ほどよい肉付きで脚に力を込めたときに浮かび上がる筋がなまめかしい。直ぐにでも押し倒し、舐め回したいほど。お風呂へ入る前の脱衣時に気が付きましたが、スタイルも中々そそるものがあります。特筆すべきはそのウエスト。バストとヒップの大きさからすると、そのくびれ方は素晴らしい。きっとかなりの節制をしているのでしょうが、プロ根性を感じます。接客と性技も満足のいくもので、充実した一時でした。

意味がわからない子でした

世の中には自分にとても自信を持っている人が数多くいると思いますが、個人的にはそういうのはとても良い事だと思います。ただ中には例外ももちろんいて、今回みたいな自分が経験した風俗嬢は完全に勘違いの部類に入っていたと思います。まず本人は求人サイトから応募して採用されたらしいんですが、結構な倍率だったと訳の解らないことをぬかしています。大学受験じゃないんだからと思わず突っ込みたかったのですが、軽く聞き流して大人の対応をしておきました。また、ルックスがそこそこ良かったので結構指名がとれるらしく何もしなくても指名がとれるので楽だと豪語しておりました。そういう子は確実に一年もしないうちにお客さんが離れていくんですけどね。そして何よりもお店の中ではほぼ間違いなく一番がとれるという根拠のない自信が素晴らしかったと思います。もちろんそういう考えは良い事なのですが、いかんせん今回自分がしてもらったプレイのテクニックは全くなかったと思います。



次には会えるとは限らないのがGBです

仕事もうまく終わったのでまずはガールズバーですね。お腹もすいていたのですけど、ノドが乾いていたのもあって近場のガールズバーに入りました。あらかじめ会社の同僚にも場所を言っておいたので数分くらいで同僚と合流です。普段はそんなに話さないのですが、こういう席では話が弾みますね。空いているからか女の子も二人来てくれて盛り上がりました。二人とも求人募集に応募して入店したというバイトの女の子です。同僚が片方の女の子を気に入ってしきりに話しこんでますけど、会話が空回りしているのがわかって私ももう一人の女の子も爆笑ですよ。同僚も寄ってきてさらにしつこくなってきたので、時間も早かったのですけど退散することにしました。同僚はなかなか帰りたがらなかったのですけど、相手の女の子がどこかに行ったのでさすがにあきらめたのか、しょんぼりしてましたけど、ここで意気投合しても次に会えるかと言ったら会えないほうの確率のほうが高いですからね。